中高一貫生と小学生のまったり怒涛の日々  

長女まったりちゃんと長男怒涛くんの泣き笑い成長記(になる予定)

中学受験?!通級で語る「〇〇中学に行きたい」

長男怒涛くん(小3)、3年生に進学してトラブル続き・・・。

詳しくは、過去記事をご参照ください。

umiumitan.hatenablog.com

umiumitan.hatenablog.com

 そんな怒涛くん、通級の先生との話し合いの中で「(姉の通っている)〇〇中学に行きたい」と話したらしい・・・。通級の先生は、それに対して、「このまま(全く授業を聞かず手遊びや読書ばかりしている)では、勉強分からなくなるから、『本ストップ!』を約束にしようね。」と通常学級に送り出したとのこと。

 

しかし、怒涛くんは通級の先生の期待を裏切り、次の授業から読書に熱中したらしく、また、友だちへのちょっかいも相変わらずの状況。そこで、通級の先生と学級担任の先生と私(怒涛くん込み)で話し合いをもつことになりました。

 

担任のM先生「授業中は、すべきことが全くできていないし、私への口答えもひどいです。休み時間は友だちへのちょっかいも続いています。それが本当にしつこくて、相手の子を泣かしています。」

通級の先生「自分の目標として「〇〇中学に行きたい」と話し、自分で納得して『本ストップ!』の約束をしたのに守れなかったんです。お母さんは、どうしてだと思われますか?」

「公文の先生やロボット教室の先生に学校の様子を話しても、想像できないと驚かれました。近所の子や同世代のいとこたちとも、子ども同士のいざこざは多少ありますが、そんな極端な様子は見られません。あの・・・、先日の授業参観して思ったのは、この子が認められる場が授業中に一切ないということです。あの状態が、一日5時間、毎日続けば、学校そのものがストレスになって、自由な時間に憂さ晴らしに、友だちへのちょっかいをしているんじゃないかと思います。」

 

ずいぶん失礼な物言いかもしれません💦でも、私にしてみれば、怒涛くんに『本ストップ!』といくら口約束をさせたところで、本の代わりのすることがない状態なのは、授業の様子を見て明らかでした。

 

「授業参観ひとり」ではなく正規の授業参観の様子です。算数、割り算の授業でした。先生は、授業時間のほとんどを使って、2問の文章題を説明されました。その間、怒涛くんは、2冊の本を読み終わりました(コラッ授業参観だぞ!しかも算数だよ!)

 

そして、最後に文章題の練習プリントを配布されました。一番前の子から後ろに回す形式で配布されたので、先生は、全員にプリントが行き渡ったのを確認して、「終わった人から持ってきてください」と言われました。一番前の席で解答済みだった怒涛くんは、その声を聞くやいなや「できました!」と先生に提出しにいったのですが、黒板に書いた図?を書いていないという理由で、式や答えは合っていても、答案を突き返されました。

 

先生としては、授業に参加もできていない子に、一番にマルをやるわけにはいかなかったのかもしれません。でも、怒涛くんにしてみれば、「プリントを解く」という唯一参加できた場面も認められなかったことになります。

 

誰が悪いわけでもないですが、相性は最悪です・・・。もともとの特性から、聞く力が弱いらしい怒涛くん。それに加えて、叱られてばかりのM先生に反発心があり「聞くもんか!」と思っている節も見てとれます・・・。怒涛くんを面白がってくれるピアノのT先生に話したら、「『こら!聞かんかい!!』て言えばいいのにね~?」なんておっしゃっていました(^-^;

 

ホント、T先生と怒涛くんの関係性なら、その一言ですべて解決するだろうと思います。結局のところ、信頼関係か・・・。あと10か月、どうしよう(*´Д`)

 

そして、話し合いの結論としては、支援員の先生を付けることとクールダウンの席(授業中どうしても集中できなくなったら座っていい席らしい)を設置すること、二つの対応策で様子を見ることになりました。1年生付の支援員の方をこちらに回してもらえるように校長に頼んでみますとのこと・・・。1年生の先生取っちゃうんなんて情けない(-_-)

 

一応結論が出て、出口に向かいつつした会話

「それにしても、〇〇中を受験なんて・・・。なんで、そんなこと言ったんでしょうね?」

通級の先生「え、〇〇中いいと思うよ。△△中(地元の公立中)は、やめた方がいいよ。ホントに色々な子がいるから、私立が絶対合ってるよ。ねえM先生!」

担任のM先生「うん・・・、〇〇中は、やめた方がいいと思います。」

「でも、公立の方が通級なんかの支援が充実しているんじゃないですか?公立中から高専なんか、どうかなと思っていました。私立は、お断りされたら、行き場がなくなるし・・・。」

通級の先生「△△中、通級ないよ!」

「えΣ(゚Д゚)、通級ないんですか?」

通級の先生「私立は、生徒そうそう手放さないでしょ。金づるだし!」

「(^-^;心の声:先生方、本音トークおもしろいわ。」

通級の先生「うちの甥っ子もこのタイプだけど、私立中行ったら似たのがいっぱいいるから馴染んだよ。お姉ちゃん、なんて言ってる?」

「たしかに、『怒涛くんみたいな子がたくさんいるよ』って言ってました。」

担任のM先生「えー、そうなんですか?」

一応の対応策が出たので和んだ雰囲気で、こんな会話ができました。先生方に一生懸命考えていただいているのを感じました。

 

家に帰って怒涛くんに聞いてみました。

「どうして、M先生に反発するの?悪い先生じゃないよ。一生懸命だし。」

怒涛くん「ママが、先生たちに説明していた通りだよ。授業だよ!本当に、ママの言った通りなんだよ。」

「あ、そう・・・。(心の声:授業聞かないのに、そこしっかり聞いてたのね_| ̄|○)ところで、〇〇中(お姉ちゃんの通う私立中)行くの?△△中(地元の公立中)って言ってなかった?」

怒涛くん「この前、(姉の)運動会の時、日本最大のゾウムシ見つけたからね。あんな虫がいるんだったら、行ってもいいかなと思って。」

(心の声:やっぱり・・・。そんな理由だろうと思った(*´Д`))「じゃあ、しっかり勉強頑張ろうね!」

怒涛くん「うん、わかった!」

 

小学校でのトラブルが続き、なぜか急浮上した中学受験案。手も金もかかる子です。親だから、伴走でも何でもする覚悟ですが・・・。二つの作戦で現状打開なるか?後日、記事にしたいと思います。

「授業参観ひとり」に行ってきました!

怒涛くん(小3)の授業参観に行ってきました。といっても、学校が設定したものではなく、担任の先生に「見にきてもらいたい」と言われて、私が一人で行ったのです。

続きを読む

通級指導教室開級式に参加!進級してトラブル続き・・・

怒涛くんが、小学3年生に進級しました。そして、進級してすぐに、通級指導教室開級式の案内を学校からもらってきました。

 

案内には、

「平日の3時半から」

「児童は参加しません。」

「参加できない方は、通級指導教室までご連絡ください。」

とあります。

 

はじめは、平日で児童も参加しないなら、不参加でもいいかなと思いました。が、昨年9月に入級したので、取り合えずどんなものかと思い、仕事の段取りをつけて行ってきました。

続きを読む

家でゆっくりしたい中学生と母

「今日は、どこに行く?釣りしたいなぁ。でも、科学館もいいな。そうだ、カラオケもいいね。」

などと、朝からうるさい怒涛くん(小3)に対し、まったりちゃん(中3)は、部屋に籠って(勉強して?)います。いつもの日曜日の朝のひとコマです。

 

私(母)「息抜きしないと、体がどうにかなっちゃうよ!」

まったりちゃん「大丈夫。精神的に疲れてるわけじゃないから。体がキツイんだよ(;´Д`)ホントに家でゆっくりしていた方がいいの。宿題も終わらないし・・・。」

 

こんな感じで、親子でのお出かけには参加しないことが増え、必然的に怒涛くんと私(+たまに夫)でのお出かけがほとんどになりました。

 

海や山、川などアウトドア派な私に対して、まったりちゃんはインドア派。そうでなくとも、年の離れた姉弟。ショッピングも行きたいところが違うし、見たい映画なんかも違ってきます(まったりちゃんは、ドラえもんが楽しめる中3ですが・・・(^-^;)

 

考えてみれば、月曜から土曜まで、毎日6時前に起きて夜は12時近くまで勉強し、往復3時間の通学時間。疲れますよね。休みの日に動きたくないのもしょうがないかなと思います。通学時間に爆睡して睡眠を補い、補いきれずに日曜の朝は遅くまで寝ています・・・。

 

子どもって大きくなるのが早くて、一日一日を大事にしないと子育て期間て意外と短いですね💦そう思って、怒涛くんに半日しっかり付き合いました。今日は科学館めぐりと公園でアメンボ観察(捕獲は失敗・・・)でした(*^-^*)

 

私も家でゆっくりしたい日が増えました。数年前までは、小学生のまったりちゃんと小っちゃい怒涛くんを連れて、どこへ出かけても疲れ知らずだったのに・・・。40歳の壁は、9歳の壁より高い・・・。でも、月に1回くらいは、家族で出かける日をつくっていきたいと思います。頑張れ自分!!

世帯年収1100万の家計簿公開~子供2人私立中学受験は可能なのか?~

 

 まだ数日残っていますが、大きな買い物はもうないので、今年度の家計の総括をしました。今年は、雇用形態が変わったり昇級幅が大きかったりして、世帯収入が昨年までより200万以上増えました。我が家にとって、世帯年収1000万越えは初めて。

ちなみに、家計簿は、毎月記録はしていますが超ザックリです。年間で純資産(資産-負債)がどうなったかに留意しました。

 

 〇こちらの記事を参考にさせていただいています。

家計の実態をチェックする方法 | editeur エディトゥール

貸借対照表」でわかる自分の“純資産”

泉さん「家計の財務状況を詳しく把握したいときは、『貸借対照表(バランスシート)』を作成しましょう。これは、自分が持っている資産、抱えている借金(負債)など、自分の財務状況をすべて明らかにする表のこと。

もともとは企業が株主などに財務状況を開示するものとしておなじみですが、家計にも応用できます。まずは、概念を押さえていきましょう」

●資産……預金、投資商品、保険、自宅、車など、持っている資産の総額(時価)
●負債……住宅ローンや自動車ローンなど、一般的に借金の額
●純資産……資産から借金を引いた、本来持っている純資産額

40代が持っておくべき純資産の金額は?

泉さん「考え方としては、まず、資産であるマイホームや車を売却して換金します。そして、負債であるローンもすべて返済した時に、手元に残ったお金が“純資産”です。この数字は大きければ大きいほど、家計が安定しているといえます」

目安となる純資産の目標額は次の通りだ。
・20代=年収と同じくらいの純資産
・30代=年収の2倍
・40代=年収の3倍
・50代以上=年収の5倍

これらはあくまで目安だが、純資産がマイナスになっている場合は要注意だ。

 

そして、我が家の場合は・・・

続きを読む

将来の夢 一番なりたいものは・・・

先日、長女・まったりちゃんの将来の夢が未定であることを記事に書きました。長男・怒涛くん(小2)は、どうなのかと思って尋ねてみました。

 

「怒涛くん、将来の夢ってある?」

怒涛くん「うん、あるよ。1番なりたいものは諦めているんだけど、2番目になりたいのは、昆虫学者かな?3番目は、ロボット博士。」

「1番は、なんなの?」

怒涛くん「(残念そうに)1番なりないものはだけど、無理なんだ(*´Д`)」

 

とのこと。さらに、

 

怒涛くん「虫のこと、勉強できる中学校ないかな?チュウチュウ。」

「チュウチュウってなに?」

怒涛くん「虫の中学と書いて、『虫中(チュウチュウ)』だよ。」

「たぶん、『虫中(チュウチュウ)』はないと思うけど調べてみるね。」

 

そう言って、検索の末たどり着いた先は、虫について学べる大学ランキング。

そのページを怒涛くんに見せると、ランキング1位の大学を指して、

怒涛くん「行くよ!僕この学校に行く!」

 

その学校とは、京大 農学部でしたΣ(゚Д゚)

8歳で、「京大農学部で虫について学びたい」と言える子。おもしろいわぁ( *´艸`)

 

ちなみに、中学は『虫中(チュウチュウ)』がないなら、近くの〇〇中(公立中)にみんなと一緒に行くそうです。「土日はゆっくりしたいから」とは、土曜も授業を受け、たっぷりの宿題に日曜もろくに出かけられない姉・まったりちゃんを見ての言葉。

 

 

「怒涛くん、公立中・高から、京大を目指せ!!」

と、夢のようなことを一瞬思った親バカバカ親でした。

 

怒涛くんの愛する虫やロボット、うまく将来の職業とリンクできればいいのですが・・・。親ができる手助けは微々たるもの。微々たる手助けを模索しつつ静観したいと思います。

z会アドバンスト模試の結果 届きました!(中高一貫校中2)

1年前に書いた記事↓ のアクセス数が多くて驚いています。

umiumitan.hatenablog.com

 

今年のまったりちゃん(中2)のz会アドバンスト模試の結果がでましたので、記しておきます。

続きを読む

努力できる天才は他の追随を許さない~オリンピックを見て~

タイトルの努力できる天才とは、フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手のこと。

昨日から、インタビューやノーカットでのフリー演技映像がひっきりなしに流れています。

 

素晴らしい身体能力

素晴らしい精神力

そして徳まで備えたようなインタビューでの発言

 

本当に圧巻の一言です。

 

金メダル、おめでとうございます。ご本人も「幸せ」とおっしゃっていましたが、日本中、世界中の人を幸せにできる努力する天才

 

 

そして、羽生選手を風よけに(?)気負い感ゼロで銀メダルを獲得した宇野昌磨選手。

情熱的な演技とわが道を行くインタビューの受け答えとのギャップにファンになっちゃいました(o^―^o)

 

 

こちらも世界2位。銀メダル、おめでとうございます。練習をたくさんされるとのこと。努力する天才に違いありません。

 

 

テレビを前に、

「この人たち、天才だね~。天才は違うね~。天才だよ!天才!!しかも努力できる天才だよ~~!!!」

を連発し、長女・まったりちゃん(中2)と長男・怒涛くん(小2)に、冷たい視線を浴びている母です(^-^;

 

天才の中でも本当に努力できる人は、一握りだと思います。

羽生選手は、インタビューで「生きててよかった!」っていう言葉を口にされていました。

 

私も、なにかに向けて頑張り、その成果に「生きててよかった!」って達成感を味わいたい。目指すは、努力できる凡人。私も頑張ろう」と思わされた金メダル、銀メダルでした。やっぱり、オリンピックって夢がありますね(o^―^o)

 

子どもたちにもなにか感じ取ってほしいものです💦(その気配なし・・・)

中学で英検2級~中2でのチャレンジ 結果は惨敗~

まったりちゃん(中2)が、英検2級に挑戦しましたが、タイトル通り結果は惨敗💦

英検受験の公式ウェブサイト英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会で合否の閲覧をした結果・・・

続きを読む

小学校の標準学力調査(NRT)の結果が返ってきました!

怒涛くん(小2)が、2学期末に受けた標準学力調査(NRT)の結果をもらってきました。

f:id:umiumitan:20180205090240p:plain

上のような内容です。1年次上段、2年次下段に一緒に載せています。

 1年のときは、国語97.5 算数100

今回(2年)は、国語100 算数95.9

という結果でした。小数点が付いていますが、配点がそうなっているのでしょうか?

 

『児童のみなさんへ』という欄に、

「このちょうさは、ふだんのじゅぎょうで 学しゅうしたことが、どれくらい みについているかを たしかめるための ちょうさです。(中略)できたところ、できなかったところをふりかえり、これからの学しゅうに やくだてましょう。」

とあります。

 

でも、問題用紙や解答用紙の返却もないため、怒涛くんでいえば、「長さ・かさ」の項目の正答率が低いことはわかるものの、どう間違ったのかは不明です・・・。

 

ちなみに、平均点も偏差値も情報なしです。でも、少なくとも1年生のときの成績は、クラスで1番らしい・・・。それを知ったのは以下のようなことがあったから。

 

12月のある日、例によって教室に忘れ物を取りにいった際(日常茶飯事ですよ💦)、担任のN先生が教室に残っておられて、怒涛くんに声を掛けられました。

N先生「怒涛くん、今日の学力テスト、分からない問題あった?」

怒涛くん「う~ん。なかったかな?」

母(私)「心の声:ほ、ほんとですか??」

N先生「去年も1番だったから、今年も期待しているよ!」

怒涛くん「(平然と)うん。」

「心の声:え~Σ(゚Д゚)、そうなの~~?初耳ですよ!」

 

帰りの車の中で、

「怒涛くん、1年生のときは、1番だったんだね。そんなのはじめて知ったよ!」

怒涛くん「え、そう?ぼく知ってたよ。H先生(前担任)も言ってたからね。」

「そうなの?そういうことは、ママに報告してね。」

怒涛くん「(どうでもよさそうに)あ、わかった。」

 

 

そんな会話をしたものの、それは過去の栄光だと感じていました(-_-)最近は、一番頑張っているのは英語(公文英語とNHKラジオ基礎英語1)で、国語と算数については、宿題以外の学習まで手が回らなくなりました。(公文算数はやっているものの、計算のみなので、集中力強化が主な目的です(^-^;)

 

それに、授業中の集中力がもっぱらの課題で、最近やっとノートを取る真似ごとができるようになってきた怒涛くんです💦不自然な隙間を開けて、あちこちに島が浮かんだようなノートの取り方をするので、「国語は右上から、算数は左上から詰めて順番に書いていくのよ。」と教えると、まさかの「へぇ、初めて知ったΣ(゚Д゚)」ですよ・・・。

 

そんなこんなで、今回は少し下がっているかな?と思っていたので、全体的には、奇跡の学力維持ということで安心しました(^-^;

 

それと、同時に、せっかく基本的なことはできているようなので、発展的な内容の市販の問題集(国・算)にも取り組んでいきたいと改めて思いました。冬休みもそう思っていたのに、家族でインフルになったり、2学期授業中に終わるべき課題を怒涛くんがたっくさんやり残していたため、それに時間を取られたりして、手が回りませんでした。春休みこそは、しっかり取り組みたいと思います。

 

 

〇これから、取り組みたい問題集です。(少し手を付けた程度) 

トップクラス問題集算数小学2年―中学入試をめざす 徹底理解編

トップクラス問題集算数小学2年―中学入試をめざす 徹底理解編

 
トップクラス問題集 国語 小学2年

トップクラス問題集 国語 小学2年

 

 

 

〇おまけ

本人や保護者には、ほとんど情報がないこの標準学力調査ですが、先生方はしっかり結果を見て分析されている様子でした。

 

学級懇談で、担任の先生から次のようなお話がありました。

N先生「昨年と比較して、国語力は維持しています。1年次は、国語の読む力や書く力が低かったので、読書や日記の宿題を課すことで対応しました。算数力は、下がっていました。これについては・・・(すみません💦忘れました)」

 

先生方にとっても、1年間の成果が数字となって表れるのでプレッシャーでしょうね。でも、子どもたちはN先生が大好きで、クラスの雰囲気は1年生のときと比べても大変よくなったと思います。数字だけじゃないのに、なんだか反省会のようにお話されているN先生に対して、少し気の毒に感じました。

 

学級懇談の後、怒涛くんが喜んで学校に登校できるようになったことにお礼を述べるとともに、次年度への引継ぎをしっかりしていただくようお願いしました。3年生進級時には、担任の先生もクラスの友だちもガラッと変わってしまいます。ここで適応できるかが大問題。怒涛くん、どうにか頑張ってほしいと思います。

 

〇これまでの不適応な様子です(-_-) 

umiumitan.hatenablog.com

umiumitan.hatenablog.com

umiumitan.hatenablog.com