中高一貫生と小学生のまったり怒涛の日々  

長女まったりちゃんと長男怒涛くんの泣き笑い成長記(になる予定)

中高一貫校「GTEC for STUDENTS」の結果

まったりちゃん(中2)が、夏休み前に受けた「GTEC for STUDENTS」の結果をもらってきました。今回は、中学生レベルが受ける「コア」のコースを受けたそうです。

詳しくはこちらをご参照ください。GTECとは | GTEC

 

リーディング、リスニング、ライティングの技能別とトータルのグレードが

7段階で表されていました。

 

まったりちゃんのグレード学校の平均グレードは以下の通り(学校は( )内)

ちなみに、学校平均は、中2全国平均とほぼ同じ。

 

リーディング 4(1)

リスニング 2(1)

ライティング 3(3)

トータル 3(2)

 

まったりちゃんは、リーディングで3グレード分、リスニングで1グレード分のアドバンテージがあることがわかりました。校内順位も、一桁とはいかなかったものの上位10%付近。

 

リーディングは、過去に2~3年やった公文英語の多読の効果、リスニングは、4月から聴いている「ラジオ英会話」の効果、ライティングは、学校平均レベルであるところを見ると「学校の宿題たっぷり!」の効果だと思います💦

 

各グレードの具体的な目安も書かれていました。

「コア」は簡単なので、満点でもグレード4までの判定しか出ないらしいです。

グレード1 挨拶程度の簡単なコミュニケーションができる

グレード2 定型的なやりとりであればできる

グレード3 ALTと日常的な会話をし、英語体験を楽しめるレベル

グレード4 海外ホームステイや語学研修で楽しめるレベル

グレード5 海外の高校の授業に参加できるレベル(高校卒業時の推奨グレードとのこと)

グレード6 海外進学を視野に入れることができるレベル

グレード7 大学での専門教育を英語で学べるレベル

 

これによると、まったりちゃんは、

「ALTと日常会話をし、英語体験を楽しめるレベル」ということになります。

数か月前に受けた英検準2級での2次試験の面接のようすから、「だいたい当てはまっているかな」という感じです。

  

この結果から、学校の定期テストで不振が続く理由が少しわかりました。初見の長文が比較的読めてリスニングもそこそこである(あくまでも校内平均比)にもかかわらず、スペルミスが多く文法があいまいなまったりちゃん。リスニングも長文読解もなく、書く課題がほとんどである定期テストでは報われません。

 

だから、この結果を「これまでの頑張りが出てきたね!」としっかりほめつつ、「ラジオ英会話」を本気で聴くように発破をかけました。

まったり「本気で聴いてるよ(-_-メ)!!」との返事でしたが・・・(^-^;

 

夏休み明け初日の我が家の会話・・・

まったり「夏休み中に、み~んな留学とか海外旅行してたよ!」

「みんなって何人くらい?」

まったり「・・・5人くらい。」

「みんなじゃないでしょ!?」

まったり私より英語ができない友だちも行ってたよ。」

「そう。でも、英語ができないうちに短期で留学してもあまり意味ないと思う。ある程度、英語ができるようになってからがいいんじゃない?英検2級とれたら、いつでもいっていいよ~!」

 

このように、安請け合い(費用としては、高請け合いか💦)してしまったので、いつか短期留学をさせてあげたいと考えていました。今回の結果を励みに、英語の勉強(特にリスニング)を頑張ってほしいと思います(o^―^o)

 

〇英検関連の記事です。よかったらお読みください。 

umiumitan.hatenablog.com

umiumitan.hatenablog.com

umiumitan.hatenablog.com