中高一貫生と小学生のまったり怒涛の日々  

長女まったりちゃんと長男怒涛くんの泣き笑い成長記(になる予定)

NHKラジオ基礎英語1 その後 

今年の4月から、基礎英語1を聴きはじめた怒涛くん(小2)。

なんだかんだで1日も欠かすことなく聞いていますよ。

 

 

土日は、放送もおやすみなのですが、

夜九時になると、

「あΣ(゚Д゚)、基礎英語!」

「違った。今日は土曜だった。よかった(;´∀`)」

なんていうこともあり、

気にかけている(ちょっと強迫観念てきな?)様子が見られます。

テキストを買うとすぐに読んでいて、

トーリー自体も楽しんでいるようです。

 

基礎英語1は、放送中に、

何度も本文(短文10行ほど)を聴かせますが、

自分で読むのは、1回だけ。

その時は、私が一緒にリピートしています。

一人では難しいようです。

 

問題は、そのときに、

怒涛くんが自分で英語にカタカナでルビを振ることがあること。

そのままでは、読めないからでしょう。

 

「やっぱりフォニックスを別に学習した方がいいのかな?」

と思いつつ、手がでない状態です。

(今は、仕事で手いっぱい) 

 

まあ、継続は力なり。せっかく習慣づいてきたお気楽(?)基礎英語1ライフ

もう少し、頑張ってみようと思います。

 

〇はじめた経緯は、過去記事参照のこと。 

umiumitan.hatenablog.com

umiumitan.hatenablog.com

umiumitan.hatenablog.com

 

 

 

 

中高一貫校のテスト~成績不振の子が勉強時間を3分の1にした結果~

長女・まったりちゃん(中高一貫校・中2)は、中間テストの真っ最中。

半分ほどの教科で、テスト終了しました。

これまでの結果は、

本人の手ごたえとしては、

「いつもよりいい・・・(いつもは下位3割)」

 

ホントかどうか、かなりあやしい(-_-)

しかし、勉強しまくって(平日6時間・休日9時間)、

下位3割。

 

思い切って、

普段の勉強時間を

これまでの3分の1(すなはち2時間)にして、

現状維持なら、御の字か・・・。

 

とにかく、まったりちゃんには、

勉強の仕方や効率というものをしっかり考えてほしい。

 

そのうえで、勉強時間を増やすのでなければ、

今後の成績アップは望めません💦

 

とりあえずは、試験の結果を待ちたいと思います。

結果は、後日記事にしたいと思います。

 

〇これまでの不振ぶりは、過去記事を参照ください。 

umiumitan.hatenablog.com

 

大学入試改革~英語はどうなる?~

大学入試改革の中で、英語が一番変わると言われますが、

どうも、分かるようで分からない説明・・・。

調べていたら、こんな記事見つけました。

www.asahi.com

以下は、ここからの引用です。

言語能力を6段階で示す国際的な指標「CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)」で上位3段階(「B2」以上)に相当する英語検定の成績を収めている場合、出願時に証明書類を添付すれば、英語の筆記、リスニングの得点を満点とみなす。対象の英語検定は8種類。英検であれば準1級以上、TOEFLiBTは72点以上が条件だ。ほかにGTECやIELTS、TOEICなども対象とする。  

 

広島大学では、入試改革前年2019年度、最後のセンター試験で、民間の英語検定(英検なら準1級以上)でセンター試験が満点になるらしい・・・。

 

この制度は、大学入試改革を念頭に置いた、

言わば前倒しとも言える対応ではないかと思います。

 

だから、これを見ると、英検なら準1もっていれば、

大学入試改革も乗り切れるのかな?という印象ですね。

対象となる英語検定も8種類と、

一般的なものはだいたい大丈夫みたいですね。

 

ボーっとしてる、うちの長女・まったりちゃん(中2)にも、中学生のうちに2級。

高校で(できれば2年のうちに)、準1とるように勧めようと思います。

 

毎日の対策としては、ラジオ英会話聞いて、ドラえもんの漫画読んでますよ・・・。

それで、いいのかしら(;´∀`)

 

ドラえもんの漫画は、コレ。 

ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 1) Shogakukan English comics

ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 1) Shogakukan English comics

 

まったりちゃんが、小学生のころ、全巻大人買いしました。

「今は、英語の方で読んでるよ(^^♪」と数日前に言っていて、

以前は、日本語訳の方を読んでいたことに、気づきました(;´∀`)

 

怒涛くん(小2)も、「英語で読んでる」と言い張っていますが、

たぶん嘘ですね(-_-)

 

大人が読んでも、こんな風に言うんだぁ~がいっぱい!

結構、おもしろいですよ!

 

 

大手進学塾 全国統一小学生テスト・学力診断テスト後のカウンセリング

先日の記事に書いていましたカウンセリングいってきました。

〇過去記事参照のこと 

umiumitan.hatenablog.com

 

全国統一小学生テストは、

算数97/150点 偏差値55

国語112/150点 偏差値59

2教科209/300 偏差値58

 

学力診断テストは、

算数90/100点 偏差値57

国語77/100点 偏差値47

2教科167/200 偏差値52

 

という思ったよりもいい(?)結果でした(o^―^o)

 

カウンセリングの内容は、

・算数の難問はできなくていい。

・国語は、全部教え込んでください。

・読解は、特別に家庭でもやる必要がある。

などのアドバイスが主体でした。

このままの学習状況で問題ないとも言っていただきました。

(国語は、やっていなかったので反省💦)

 

それから、中学受験は予定しているか尋ねられたので、

「適性があれば・・・」

とお答えしました。   

 

すると、

「中学受験は、適正があるかどうかでなく、するかどうかなんです!」

「中学受験は、親の受験です!」

「中学受験に向く子向かない子がいるのではなく、

中学受験した方がいい子と公立中から高校受験でも大丈夫な子が

いるだけです!」

と熱く(?)語られていました(^-^;

 

聞けば、お子さんが中学受験生(6年生)らしい・・・。

大変だとおっしゃっていました。(わかります(;´Д`))

 

でも、入った後も大変なので、やっぱり適正の有無考えちゃいます(^-^;

 

〇大変な様子は過去記事、参照のこと・・・。 

umiumitan.hatenablog.com

 

また、 大学入試の変化についても触れられました。

大学入試は、英語が大きく変わり、

英検、TOEFLTOEIC など、

複数の民間テストが活用されるだろうとのこと。

 

最後に、

「あ、そういえば夏期講習どうされますか?」

と尋ねられ、

「まだ学童保育のお世話になっているので考えていません。」

と答えたら、

「そうですか。」

とあっさりしたもので、勧誘らしきものはありませんでした。

凡庸な成績なので、当然かな(^-^;

 

 

低学年の間は、ぼちぼち家庭学習で頑張りたいと思います(o^―^o)

 

母は東大生に勝てるのか?~成績不振なのに(?!)z会数学ハイレベルやってみました~

中高一貫校に通うまったりちゃん(中2)、成績不振のため、

私が少し勉強を見ることにしました。

 

 

〇過去記事参照のこと 

umiumitan.hatenablog.com

umiumitan.hatenablog.com

 

全部は、とても無理なので、英数に絞って様子を見ています。

英語は、毎日はペースを見るくらいで、

土日や長期休暇中に英検の学習を進める予定です(準2は取得済みのため目標2級)。

 

数学については、

早朝5時半より40分程度を

z会の添削問題を解く時間に充てています。

z会 中高一貫 数学 ハイレベル」は5月に始めたばかり。

内容的には、毎月4枚の添削問題を提出することになっています。

(後は、演習問題集(代数編と幾何編)とその解説を最初にドン!と4冊送ってきただけ)

参考までに、受講料は3~4千円程度。

年払いや教科をセットにすることで少し割安になるようです)

 

提出目標日は、5月号なら「4月17日」になっています。

でも、目標日に間に合わなくても

1年間くらいは添削はしてもらえるようです。

 

z会の添削問題、1回郵送して戻ってきました。

投函してから郵送で戻ってくるまで、1週間弱だったと思います。

赤ペンは、手書きかと思ったら印字した文字でした(手書きもあるみたいです)。

z会は、毎月4枚で、1枚40分が解答時間の目安になっています。

 

毎日40分ずつやれば、4日でひと月の添削問題は終わる計算。

戻ってきたのを、ゆっくり見直しても、やっぱり4日で見直しも終わる計算。

量的には、無理のない範囲ですね。

(解答時間の目安以上に時間がかかる場合も多々ありますが・・・)

 

難しめの絞りにしぼった良問が多い印象です。

この添削問題を繰り返すだけでも、

数学で大きな抜けはないはず。

 

まったりちゃん、

中学受験時と比べるとかなり腕が鈍っているのが

見ていてよくわかりました。

 

しょうがない(-_-)

最低限これだけは、抜けがないよう親が見てあげようと思います💦

 

まったりちゃんのお友だちは、

東大生(地理的に東大卒?)の家庭教師をお願いするらしいです。

しかも、早朝4時半から。週に3回らしい。

 

4時半からの東大生の家庭教師に、

5時半から家事の合間に見る普通の母は、

勝てるのか?

 

まず、無理そうですね・・・。

でも、いくら中高一貫校で進度が速いと言えど、

まだ、中学生の内容。

東大生までは、必要ないような気がしますが・・・。

何か、特別な勉強の秘策があるのでしょうか?

 

とにかくできる範囲でやってみます(;´∀`)

大手進学塾の公開保護者会~2020年大学入試改革どう変わるのか~

本日、大手進学塾の公開保護者会に参加してまいりました。

なかなか、勉強になりましたよ(o^―^o)

 

小学生の学力診断テスト中の保護者会でしたので、

小学生の保護者が対象でした。

7,80名は参加していたのではないでしょうか?

一般生(塾生ではない)だけで、

テストに200名越えの参加があり、

教室の手配が大変だったと教室長がお話されていました。

 

そうでしょう。

うちも、学力診断テストは、

受験予定ではありませんでしたが、

全国統一小学生テストから続く、

あまりにも華麗な大手塾さんの手回し(?)に、

すがすがしさすら覚え、思わず、

「では、よろしくお願いします。」

とお返事してしまいましたので(^-^;

 

その華麗なテクニックは、過去記事参照のこと(^-^; 

umiumitan.hatenablog.com

 

 

 

保護者会の内容としては、

「2020年の大学入試改革について」

 

やっぱり、お話がありました。

 

1.センター試験の後継は「大学入学共通テスト」

 国語、数学で、3問ずつの記述出題

 国語の試験時間は、20分拡大し100分に。

 数学の試験時間は、10分拡大し70分に。

 英語は民間テスト活用へ。(2回受けることができて6段階評価に?)

 

2.推薦・AO入試が3割にまで拡大

  しかも、学力不問の現状を改善し、学力も測る方向。

 

3.2次試験は、脱ペーパーテスト

 「面接」「討論」「小論文」等での人物評価に変更

 

 

この変化が、すでに、中学入試、高校入試、表れてきているとのこと。

それは、そうですよね。

数年後の大学入試に勝てる子をとりたい学校側としては、

入試で振り分けてくるはずですよね。

 

広い意味での国語力、コミュニケーション能力が、

理系にも文系にも重要になってきますね。

 

今後のグローバル化に対応するには、

英語も、4技能(聞く 話す 読む 書く)

必要になってきますね。

 

これらに、対応するために、

塾でも、アクティブラーニングやっているらしいです。

 

小中学生が、

新聞などから得た知識をもとに、グループ討論。

グループごとに、解答とその根拠を発表。

月にまとめの論文を作成。

そして、論文発表。

(これを保護者に授業参観させるらしい💦)

 

 

すごいわぁ~~~。さすが、大手の塾!!

 

 

〇大学入試改革について、詳しくは以下に記事がありました。

www.nikkei.com

www.asahi.com

 

 

 

 

ところで、

学力診断テストの方ですが、

怒涛くん曰く、

「算数は100点だと思う。国語も意味が分からないところが1つあったけど書いたよ。」

とのこと。

 

全く、当てにできない発言ですが、今晩見直ししま~す(o^―^o)

 

 

〇おまけ

大手塾には、いろいろ舌を巻きましたが、

お世話になるのは、たぶん、まだまだ先です(*^-^*)

 

近くの保護者の方は、

「話術が、すごい!私が習いたい!」

とおっしゃっていました。

気持ち、わかります💦

きっと、何十人も、夏期講習行くんだろうなぁ~(遠い目)。

 

全国統一小学生テスト 結果はまだ・・・でも大手進学塾抜かりなし

 およそ2週間前に受けた全国統一小学生テスト。

「申し込みました!umiumitan.hatenablog.com」以来、

触れずにいましたが・・・

 

怒涛くん(小2)「半分はマルだと思う。」の自己申告通り、

答え合わせの結果「半分は採れたかな?」程度。

 

それで、すっかり期待感もなくなりそもそもそんなに期待していなかったけど、親心です(o^―^o))

結果のことを忘れていたのですが、

昨日、テストを受けた塾から電話がありました。 

 

「結果を取りに来ていただきたいのですが、

成績が出るのは1週間後の〇日になります。

その前に、明後日の学力診断テストを受けませんか?

そして、両方の結果をもとに、

カウンセリングを受けられませんか?」 

また、

子どもたちが学力診断テストを受けている時間帯に

公開保護者会が開催されます。

そちらにも参加されませんか?」

とのことでした。

 

マンガを読んでいた怒涛くんに、確認したところ、

(テスト、受けに行っても)いいよ!

(全国統一小学生)テストのとき、

(塾の)先生が言ってた。

(全国統一小学生テストより)簡単だから受けにおいでって!

 

子どもにも、先手を打っている・・・。

全てにおいて、手回しがいい・・・。

さすが大手の塾は違いますね(^-^;

すがすがしいほどに抜かりなし!!

 

という訳で、全国統一小学生テストの結果もまだですが、

明日、大手進学塾の「学力診断テスト」なるものを受けて、

「公開保護者会」なるものに出席してまいります。

 

結果は、また後日・・・。

 

〇おまけ

怒涛くん、国語は、学校の宿題くらいしかしていないし、

四谷大塚の公式サイトに過去問もありませんでしたので、

ほとんど対策なし!で受けました。

(算数は、過去問があったので少しやりました)

 

そしたら、ひどかったですね~💦

 

ひとつ、紹介しますと・・・

 

お父さんは、( )持ちだ。

体( )測定をする。

 

( )には、同じ漢字が入り、

その漢字をいくつかの選択肢から選ばせる問題。

答えは、もちろん「力」。

 

怒涛くんは、見事に、「金」を選んでましたよ。

測定って・・・(^-^;

 

二人で、答え合わせをして笑ってしまいました。

「お父さんは、金持ちだ。」の方しか、見てませんね・・・(*^-^*)

そもそも、問題の意味が分かってなかったみたいです💦

 

明日受ける予定の学力診断テスト・・・。

全国統一~より、簡単らしいけど、大丈夫かな?

 

 

 

 

〇おまけのおまけ

長女・まったりちゃん(中2)は、確か小4のとき、

全統小の偏差値65前後だったと思います。

理科と国語の偏差値が高く、理科は、県内一桁順位でした。

 

成績表を処分してしまって、うろ覚えですが、

小5の全統小で偏差値60を切り、

家庭学習では限界か、と判断して入塾したので

大体そんなものだったと思います。

 

今現在は、中学受験を経て私立中高一貫校

下位で苦しんでがんばっています。

そのあたりのことは、過去記事に書きました。

小4時偏差値65あたりの子どもの

数年後に興味がある方は、どうぞご覧ください(o^―^o) 

umiumitan.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

〇2週間後に、全統小と学力診断テストの結果をもとに、カウンセリング受けました。

よかったら、ご覧ください。 

umiumitan.hatenablog.com